逆転現象  「汐子」のお話

「汐子(しおこ)」は、カンパチの子供、幼魚です。

 

地方によっては、カンパチを出世魚として成長によって呼び名を変える所もありますが、一般的には汐子~カンパチで通用します。

 

カンパチの名は、目の所を通る暗い色の帯状の線があり、上から見ると漢数字の「八」に見える所から「間八(カンパチ)」と呼ばれます。

 

アジ科の中では最大の魚で体長は1.8メートル、体重は80㎏に至る大型魚です。

 

その味わいは、アジ科・ブリ属の中では最も美味とされています。

 

これは、サイズを問わず、我々料理人にも仲買にも一般的に認識されています。

 

と言う事で、カンパチの幼魚「汐子」についても、ある意味・・高級魚と言う認識があります。

 

 

 

鯵や、鰤の子供「ワカシ」などに比べたら、流通する価格も高く、流通量も多くはありません。

 

とは言え、大きく成長したカンパチに比べたら、季節になると大量に水揚げされます。

 

その瞬間は相場も下がり、気軽に楽しめる魚となる訳です。

 

そして土佐・室戸では、それが丁度…「今」です。

 

アジ科・ブリ属の中で最も味わいの良い汐子が、アジと同等の価格で・・・むしろアジよりも安価に仕入れる事が出来ます。

 

こんな逆転現象も、ほんの一時。

 

今の、この状況を有意義に楽しむ。

 

汐子のお造り、期間限定のオススメです。