姑の知らない・・ 「真鯒(マゴチ)」のお話

鯒(こち)はコチ科の魚で非常に味わいが良いことで知られています。

 

ふぐの代用として認識される場合もありますから、推して知るべし。

 

引き締まった肉質と、豊富な旨味、美しい身質の高級魚です。

 

ただし、これは真鯒に限ったお話で、「鯒」と呼ばれる魚は、案外たくさんいます。

 

コチ類にも、マゴチ、メゴチ、イネゴチ。

ネズッポ類にも、ヌメリゴチ、ヨメゴチ。

 

この様に、コチ類以外のネズッポ類やノドグサリなども、コチとして認識される事があります。

 

地方名と標準和名の認識の差は、まだまだ多くて東京近辺、三崎などでもネズッポ類の魚をメゴチと呼ぶことがありますが、メゴチはコチ類の仲間でカサゴ目コチ科で、スズキ目ネズッポ科のネズッポとはまったくの別種です。

 

 

さて、コチの中でも最も味わいの良いマゴチには、こんな諺があります。

 

「コチの頭には、姑の知らぬ身がある」

 

コチの頭には美味しい身が隠されていると言った意味なんですが、にわかに納得できません。

 

コチの頭には、殆ど身がないのは事実です。

 

ただし、鰓の下からカマの部分にかけては、確かに上質な身が豊富に取れます。

 

複雑に骨が入り組んでいるので、掃除して刺身にするのは難しい部分ですが、お椀などに仕立てたら、抜群の味わい。

 

この諺は、カマの部分を指しているのだとすれば、大いに納得です。

 

 

 

「鯒」と言う漢字以外にも、魚偏に骨と書いてコチと読ませる作字があります。

 

頭の部分を指して骨ばかり、と言うのが由来だそうです。

 

 

夫婦喧嘩終いにしたり鯒の貌   杉山傘雨