完成図から設計図 <料理の感性>

たくさんの人間と関わって来た中で、やはり、こいつは感性が良いなぁ、って言うヤツがいます。

 

また逆も、たくさんいます。

 

そう言う武内も、センスと言う部分では、全く自信がないです。

 

本当にセンスの良いヤツっていうのも確かにいまして、刺身で椿やバラの花を作る仕事があるんですが、何気なく巻いて作っただけなのに、びしっと決まってる。

 

昔、剥き物・・サツマイモで亀や鳥を彫る仕事を習った時には絵心のない奴には教えても無駄だと、キッパリ言い放たれました。

 

確かに、武内が亀を彫ると、違う生き物になってしまいます (笑

 

でも、全く才能がないかと言うと、違う部分では他の人間には負けない部分もあったので、一長一短、何かしら取り柄と言うものもあるものです。

 

 

 

しかし、その中で料理に関する感性と言うと、もうこれは料理人として致命的な部分でもあります。

 

カレーの話なんかを良く例に出しますが、昔いたキャリアもそこそこの人間に作らせたカレーなんかは、厳しく言えば食い物になっていなかった。

 

え?と、思うような仕上がりでも疑問にさえ、思わない。

 

まぁ、スパイスの仕事なんかは和食ではやる事はないですから、キャリアなんて物は全く参考にはなりません。

 

それこそ、ルウとソース、スパイスとハーブの違いも分からない、いや分かってたとしても使い方の違いが分からない人間の方が、和食の世界には圧倒的に多いのが現実です。

 

でも、これがたいして教えても居ないのに、高級店のカレーを知ってれば、間違いないものが作れてしまう人間もいます。

 

大まかな、捉え方で完成図をコピーして、頭の中で設計図が書けてしまう。

 

 

これが料理の感性です。

 

正直言って、武内もこういう感性には大して才能が無いと思っていたんですが、厨房の世界に入ると武内よりも全くその能力が無い人間にも大勢、出会いました。

 

まっ、下を見ればきりが無く、上を見てもきりが無い世界ですから、参考にはなりませんが、この感性は育ちます。

 

普段から、完成図から設計図の推測。

 

クセにして、何度も何度も、考えてると、かなり精度が高まってきます。

 

最初から、出来るヤツもいれば出来ないヤツもいて、出来ないヤツの方が圧倒的に多いし、出来るヤツがいつまでも出来るヤツでいられるかは分からないってのが、最近の結論です。

 

さて、色々な事を書きましたが、坐唯杏に、そして武内に欠けてる物。

 

 

一杯あり過ぎて、ひとつには絞れませんが、最大の欠点は、

 

はみ出さない感性の欠如・・・かなって思ってます。

 

足並みを揃えて、枠の中で生きるのが、とても苦手。

 

手に手を取って仲良しクラブ・・・そう言うのが全くダメです。

 

料理にも、接客にも、そして発信にも、そういう所が見えるのでは。

 

ただし、これについては多少の反省しか、ありません・・・。