敢えて安物 <ラーメン海苔>

ラーメンの海苔・・なんて、ずいぶん細かい話題なんですが、先日、厨房の中国人スタッフが海苔をお土産で持ってきてくれて、賄いで海苔のスープを何回か頂きました。

 

和食では、こう言うあっさりした海苔の吸い物には吸い口として山葵(わさび)を使ったりするんだ、なんて事を話しながら美味しく頂きましたが、上等な国産の海苔をラーメンなどの麺類、特に汁物の中に入れるのは得策ではありません。

 

と言うのは上等な海苔は、スープに入れるとすぐに崩れてバラバラになってしまいます。

 

これが、安い硬い海苔だと、スープの中で形を保っていられるんですね。

 

 

 

だからラーメン屋さんなんかで使う海苔って言うのは、必ず安物の硬い海苔を使います。

 

でも、国産の崩れた海苔の方が風味は高いし、汁そのものとしてはとても美味しくなる。

 

そして、そこに卸した山葵なんかをちょこっと落としたら、清々しい汁に仕上がります。

 

と言う事で、ラーメンの海苔には安物が合う、と言うお話でした。

 

夜の遅い時間に、しかもお酒の後にラーメンなんか食べていては健康に、すこぶる悪いです。

 

お酒の跡の食事は、ほどほどに。