手軽な手法 <モツゴの油焼>

手法としては単純で、どなたでもすぐに試して頂けるやり方です。

 

モツゴは先日からお伝えしているムツという魚の子供なのですが、柔らかい身質と豊富な脂、上品な旨味が特徴の魚です。

 

三枚に卸して、骨を抜いたら薄い塩を当たってしばし置きます。

 

その切り身に串を打って、皮目に熱した油を2~3回かけてから、普通に魚焼の天火のグリルで焼き上げる。

 

皮目がパリッと仕上がりまして、柔らかい身質との対比が、より心地良く感じられるひと手間です。

 

この手法は、ほぼどんな魚にも応用できます。

 

例えば秋刀魚など、この手法で焼き上げるといつもの食感よりも、よりパリ感が強くなり、身の方はふわっとした食感に感じられる様になります。

 

今回のコースに組んだ、モツゴの油焼は先日お伝えしたフムスを敷き、その上に焼いた切り身を盛り付けます。

 

皮目のパリッとした食感、身のふわっとした食感に加えて、ヒヨコ豆のペーストに感じられるねっとりとした食感が、絶妙に絡みます。

 

 

油焼の手法、少しの手間で仕上がりが変わります。

 

何かの機会には、ぜひぜひ・・お試しください。

 

 

 

 

食べログ、ぐるなび、Hot Pepper でのウェブ予約を統括管理しています。

下記、予約フォームをお使い頂くのが、最速で確実です。

ぜひ!当サイトの予約フォームをお使いください。

 

 

~ご予約はこちらをクリック~

 は必須項目です。

 坐唯杏通信・登録フォーム2
    (例)日本
 名   (例)太郎
 メールアドレス   (例)nihon@example.co.jp