佳肴一品 <鰹の茹で節>

茹で節・・と言うと、聞き慣れない一品ですが、早い話が「鰹の生利」です。

 

我々が子供の頃は、生利節の煮物など、良く食べさせられたものですが、最近は一向に見かける事も少なくなりました。

 

それでも、大きなスーパーや鮮魚店に行くと、たまに見かけて懐かしく感じていますが、武内家においても、生利節の煮物などは子供に食べさせた記憶がありません。

 

最近の坐唯杏の仕入れでは、うっすらながらも脂の乗ったスマが順調に入荷します。

 

土佐・室戸辺りでは本カツオがなかなか水揚されないので、ハガツオやスマの需要が高く、割合高値で取引されていますが、それでも豊漁の時は手頃な価格で仕入れる事が出来ます。

 

そう言う時に、若干多めに仕入れて、こう言うメニューをお出ししたら喜んで頂けるのではとの想像で、機会をうかがっていました。

 

 

 

たたきにするほどの鮮度の良い鰹ですから、嫌な味わいは皆無です。

 

加えて、脂の乗りが良いので硬く締まらない。

 

パサついた食感の、味気ない生利節とは訳が違います。

 

茹でたてを召し上がって頂くのは、修行先の土佐料理の老舗でもお出ししてお客様に喜んで頂いた経験もあります。

 

薄く塩を当てて、茹でたてをざっくりとほぐして、青菜の茹でたもの、大根おろしと共に召し上がって頂きましょう。

 

おそらく、殆どの方には初の経験となる事と思います。

 

佳肴一品、メニューの横には、そんな文字をつけさせて貰いました。

 

純米酒の燗と共に、お楽しみ頂きたい一品です。