自然との仕事 <メジナのお話>

メジナ、土佐・室戸では「グレ」と呼びますが、一般にはさほど美味い魚との認識はありません。

 

鯛に似た体形で、頭も口も小さく歩留まりの良い魚で釣るのが難しく釣り人には人気の磯魚です。

 

ただし、春から夏にかけてのメジナは磯臭さが残るため、冬のほうが美味いとされています。

 

それは冬場は脂も乗りますし、餌が海藻や海苔に変わる為と言われています。

 

築地市場では年間を通して、見かけることがありますが比較的、安価で手に入ります。

 

 

さて、このメジナ。

 

正直言って、少し認識が変わりました。

 

寒の厳しい頃に仕入れたものは、抜群の旨味があり上物とされる魚にも決して引けをとらない極上の味わいがありました。 

 

そして今年は、なかなか水温が上がらず未だ、春の盛漁期の実感がありません。

 

でも、だからこそ寒の頃に良いといわれる魚が、美味しく食べられる。

※3月下旬・現在

 

毎年違う環境と、上手にお付き合い。

 

自然の恵みを扱う我々には、鉄則です。