チャワンムシと新しい肴を考える <酒肴・茶碗蒸し>

さて茶碗蒸しと言う事ですが、意外と献立の中に珍味として茶碗蒸しをいれる料理人って多いです。

 

と言うのは、やはり冷たくしても熱々でも良いですし、口当たりの良さや、やや塩気の強い珍味系の食材組み合わせると、実に美味しいのが大きな理由です。

 

茶碗蒸し、単品ですっぽんや鶏肉、海老や雲丹などを使って仕立てるのも、良くある手法ですし美味しい物ですが。

 

でも、珍味としての茶碗蒸しで、最も多く使われる手法が、ほんのひとくち・ふた口ほどの、小さな小さな茶碗蒸し。

 

底の方にちょこっと、このわた(海鼠腸)、ホヤの塩辛、蟹味噌なんかを敷き込んで、蒸し上げた物をに熱々の餡をかけたり、冷やして前菜に使ったりもします。

 

塩分の強めな珍味が、茶碗蒸しの優しい味わいに調和して、口当たりの良い、増幅された旨味を感じさせてくれます。

 

蓋つきの小さな珍味入れに、本当にちょこっと 。

 

上品な一品が楽しめますよ。

 

もし、何かの機会がありましたら、こんな一品もぜひ!お楽しみください。

 

珍味としての茶碗蒸しのお話でした。