思いつきへ、もう一歩 <シラスの肴>

シラスを使った肴・・・なんて言っても、すごくありふれたつまみを作ってます。 

 

最近、1番多いのはメカブの和え物にシラスをばかっと載せて醤油をぽたっと落とす、シラスメカブですね。 

 

細く切った長ネギを合わせて、メカブと場合によっては深夜のスーパーで買ってきたブロッコリースプラウトを刻んで混ぜます。 

 

メカブが無い時は納豆です。 

 

辛子を利かせて、葱は少し乱暴に刻んで・・・。 

 

料理人になった直後は、長葱もひたすら細く切るのが良い仕事と感じていましたが、乱暴に切った方が旨い時もあります。

 

 

 

蕎麦屋の葱なんて言う、馬鹿にした言葉が和食の料理界にはあります。 

 

でも、蕎麦屋は絶妙な厚さで揃えて切るのが、旨い薬味なのかもしれません。 

 

と言う事で、乱暴とは言え、きっちりと厚さは揃えてとか・・、切り口はスパッと綺麗に切った葱を、納豆に加えてシラスをやはり、どっさり載せたらちょこっとずつ摘まんでは、レンジで温めたお燗を楽しむ・・と言う具合です。 

 

他には、大根おろしと汁物に近い煮物を炊いたりしますね。

 

なんか出汁の出る物、鶏肉でも豚肉でも良いのですが、この場合はやはり鰹出汁が1番です。 

 

 

 

煮干しの出汁なんかを帰宅後に引き始めたら、本気になり過ぎるので自重しつつ(笑、あり合わせの素材で旨味が抽出できる物をパッと選んで出汁にします。 

 

さっと炊いて軽い旨味を抽出したら、鶏肉や豚肉なら、引き上げてしまってポン酢醤油で別の一品にします。 

 

出汁のみを使って大根おろしを加えて、塩と酒、淡口醤油で吸い物よりやや、しつこい味に調えたら、シラスを加えてひと煮立ち。 

 

そこへ、庭から取ってきた木の芽なんかを叩いて散らす・・と言う具合です。 

 

木の芽の香りが、鶏肉や豚肉にも、なんとなく合っちゃいます(笑 

 

もちろん、綺麗に引いた鰹出汁には敵いませんが、こう言う仕立てもありかな・・と言う所です。 

 

あとはシラスをフライパンで煎って、軽く醤油と胡椒をまぶした物。 

 

 

かき揚げ風の揚げ物や、お好み焼き風のおやきなんかが良い肴になりますよ。 

 

と言う事で、本日はシラスの肴を何品か紹介しました。 

 

まぁ、普段から身近にある、ありふれた素材なんで、気軽にぱっと思いつくように楽しむのが1番かと思います。

 

 

そうそう、坐唯杏ではトマトのサラダには、もう何年もシラスを使っています。 

 

酢橘や柚子、柑橘の利いたドレッシングでトマトとシラスを楽しむのは、武内の1番のお気に入りの食べ方です。