愛しの砥石のコンディション <包丁の研ぎ方Ⅱ>

 

先日、包丁の研ぎ方で、きっちりと研ぎしろに砥石を当てて、浮かない様にしつつ、左手の指で押さえたところが研げていくと言う事をお伝えしました。

 

そして、研ぎしろが平面で無く、球面に近くなるにしたがって、丸っ刃となる。

 

これが悪い状態と言う事もお伝えしました。

 

 

これが、いくらきちんと押さえていても、浮かない様にしても丸ッ刃になってしまう事があります。

 

それはどういう時か? ・・について、お伝えしようと思います。

 

お分かりになりますか?

 

それは、砥石が丸い時です。

 

 

 

 

つまり、包丁を研いでいると徐々に砥石が平面では無く、中央部分が窪んでくるんですね。

 

これを、いかにメンテナンスして平面に保つかと言う事が、綺麗に包丁を研ぐコツでもあります。

 

良く町の中で、おじいさんが座って包丁を研ぐサービスなんかしてるのを見かけますが、びっちり窪んだ砥石で、シャカシャカと研いでるのを見ると家庭用の包丁でも任せられないって思えちゃいます。

 

前回も伝えたように、包丁を良いコンディションに保つのは、相当の苦労が必要ですが、丸ッ刃にしてしまうのは一瞬です。

 

しかも直すのには膨大な時間を要します。

 

その労力を考えたら、そして包丁の鋼の無駄を考えたら、決して人には任せられません。

 

と言う事で、包丁をきちんと研ごう!と思ったら、まずは砥石のコンデションを整える事です。

 

 

 

具体的には砥石直し用の砥石が売られていますし、粗砥石で直すのも早いです。

 

もし、具体的に購入の予定などありましたら、お気軽にメールを下さい。

 

砥石直し・・・そこから、全てが始まる。

 

そのぐらいの気持ちで、砥石に対面して下さい。