悪循環を抜ける道 <丸っ刃の包丁>

久しぶりにスタッフに使わせている武内の包丁を見ると、全く刃がついていません。

 

よく、こんな状態で仕事が出来るなぁ・・とも思いつつ、これが年季の差だという事も、あらためて理解できた訳です。

 

はは、全く刃が・・とは言え、家庭の包丁なんかよりは格段には切れますが、武内が理想とする状況からは、程遠いと言う所です。

 

まぁ、そんな包丁だったんで、砥ぐように指示をしましたが、結局は自分で砥ぎました。

 

きちんと砥げたら、おそらく最初から砥いでますからね。

 

まずは、理想とする状態を見せようと言う所です。

 

早く砥ぐ事を考えると、知らず知らずのうちに刃が丸くなってます。

 

と言うのは、刃先だけに力が入って、砥ぎしろ全体を砥がなくなってしまうからなんですね。

 

 

刃先だけを砥ぐと、瞬間的には切れる様になりますが、徐々に切れは落ちて行って、最後は全然刃がつかないと言う所に来ます。

 

もう、この辺に来ると悪循環で、砥いでも砥いでも刃がつかないから余計に丸く砥ぐようになります。

 

砥ぎしろ全体がピタッと砥石に当たる様に固定して、角度を変えずにきちっと砥いでいくと、最初は全くカエリが出てきません。

 

 

 

 

刃の裏側から、刃先に引っかかりが出てくるのをカエリが出るって言います。

 

このカエリを裏砥ぎで無くしたら、包丁研ぎは完了なんですが、カエリがでなくなってくるのが、丸砥ぎのサインです。

 

そこで焦ると、前述の様な悪循環が起きます。

 

また、曲がった砥石でも同じような事が起きますよ。

 

とにかく、砥ぎしろがピタッと砥石に当たる様にする事。

 

包丁を砥ぐ時のコツは、これに限ります。

 

と言っても、これが、なかなか出来ないんですけどね。