ケチにスイッチON! <ビール漬けのモチーフ>

最近の和食の献立では漬物に「ビール漬け」と言う名前を、よく見かける様になりました。

 

漬け汁にビールを使うもので、我々の様に毎日のサーバー洗浄をしている店なら、必ず廃棄ビールが出てしまい、その廃物利用には実に効率の良い手法です。

 

このビール漬け、実はある中華料理の一品がモチーフとなってます。

 

その一品とは・・・

 

 

それは四川泡菜(スーチュワンパオツァイ)と言う浅漬け・漬物です。

 

浅漬けとは言え、長く置けば置くほどに味が乗ってくる。

 

塩を足したり、酒を加えたりしつつ冷蔵庫で保存すると、一度作れば、長く楽しめる酒好きの人間には堪らない一品です。

 

本家に近いレシピだと、ビールに加えて白酒(パイチュウ)や、鷹の爪や実山椒と塩を加えて、胡瓜や人参、セロリなどを棒状に切って漬け込みます。

 

ご家庭では、余ったビールなどが出る事などめったに無い事と思いますが、我々の商売では毎日が断腸の想いです(笑

 

 

 

その有効活用にも、サーバー洗浄時のビールを、こんな一品に仕立てるのが和食の職人にも支持されたのが、このメニューが普及した理由ではないかと。

 

「良い板前さんは何にも捨てません」

 

修行時代の新宿地区総料理長のお言葉が、今でも深く刻まれてます。

 

魚の仕事にしても、野菜の仕事にしても、武内の感性は酷くケチ臭い感覚かもしれません。

 

 

とは言え、そんな自分の仕事にプライドも持ってます(笑