目先が変わると、素材が躍動する <マグロのユッケ丼>

ユッケと言う料理は、生肉よりもマグロの様な魚の方が合う・・と言うのは、樂旬堂・坐唯杏の提案です。

 

胡麻油や、仄かなニンニクの香り、ピリ辛の唐辛子に僅かな甘味も加えて、自家製のチリ酢で味わいを引き締めます。

 

中骨や筋の所から掻き取った、鮪の身を煎り胡麻や香味野菜の微塵切りと共にさっくりと漬けこみ、熱々のご飯の上に・・

 

山葵醤油の定番の味わいも、飽きが来ない仕立て方ですが、たまには目先を変えてユッケに仕立てるのも、実に楽しい仕事です。

 

たっぷりの刻みネギと卵黄を突き崩して、混ぜてお召し上がりください。