宝庫より、自由自在 <カジキ旨煮丼>

樂旬堂・坐唯杏は実はカジキの宝庫。

 

近海の真カジキ、遠洋のメカジキを適材適所、色々な料理に仕立てています。

 

そんな仕込みの中で、カジキには硬い筋の部分があり、刺身用の掃除の時には、端材が豊富に出ます。

 

刺身で食べたら硬い筋の部分も、火を通すと程よい弾力で力強い旨味に溢れていて、これが絶好のランチ食材となるのです。

 

周囲を軽く油で揚げて、甘辛の醤油味でさっと旨煮に仕上げました。

炊き立てのご飯に載せれば、魚喰いには感涙の絶品丼が完成します。

 

思う存分、魚の旨味を堪能してください。