【秋】 別誂・特別会席 ¥3980→¥1990 Ⅱ

初冬と晩秋を楽しむ、日本酒を召し上がる為の会席料理をご用意しました。

 

一品ずつの量はさほどでもありませんが、お酒飲む方には大変、満足して頂いているコースです。

 

 

 

先付 日替わり小鉢

前菜 アン肝有馬煮、天・木の芽

椀   南瓜摺り流し、霰野菜、ぶぶ霰

向附 戻り鰹たたき

焼物 秋刀魚風干し、柿・蕪松葉

預鉢 香の物盛合せ

煮物 里芋オランダ煮 蟹餡かけ、キノコ・銀杏・糸三つ葉・柚子

揚物 鮭アーモンド揚

食事 蒸鶏・落花生うどん

甘味 マロンアイス・有の実コンポート

< 先付 日替わり小鉢 >

 

当日の仕入れや気候に合わせて、導入の一品に相応しい季節の品や、樂旬堂・坐唯杏らしい一品をご用意致します。

< 前菜 アン肝有馬煮、天・木の芽 >

 

しっかりと血抜きしたアン肝をしっとりと炊きあげます。

有馬山椒を加えて、風味豊かに炊きました。

 

ポン酢で召し上がる事の多いアン肝ではありますが、煮物に仕上げても抜群の旨味に変わりはありません。

 

コースの始まりは初冬を感じさせる走りの一品です。

< 椀   南瓜摺り流し、霰野菜、ぶぶ霰 >

 

南瓜を蒸して裏ごし、鰹出汁とスープを割って濃厚な吸物で伸ばします。

 

温めて薄く葛を引きトロミをかけたら、ぶぶ霰・・お茶漬け用のアラレ

と小さくアラレ状に切りつけ、乾燥させて油で揚げた南瓜を天に留めます。

 

洋風のポタージュにクルトンが浮かんでいるのを想像して下さったら、分かりやすいです。

 

我々の様な酒亭では、最高の鰹節を使った澄まし汁ではなく、こう言う摺り流しが、我々らしい仕事です。

< 向附 戻り鰹たたき >

 

鰹の旬は秋・・・と言うと、意外な顔をされる方が多いです。

 

断固宣言します。

 

鰹が最も美味しい季節は・・「今」です。

 

土佐流・鰹たたき、存分にお楽しみ頂きます。

< 焼物 秋刀魚風干し、柿・蕪松葉 >

 

三枚の卸した秋刀魚い薄く塩を当てたら、風を当てて干します。

 

強めの火でさっと炙り、最もシンプルな仕立て方でご用意しました。

 

褄折焼きと言う手法は、職人らしく手を掛けてます。

 

とは言え、直球ど真ん中の仕立て方。

 

秋刀魚を食べるなら、最も美味しい仕立て方ではないでしょうか。

< 預鉢 香の物盛合せ >

 

冬の野菜を中心に、やや旨味を重ねた漬物を仕込みます。

 

例えば、白菜やキャベツならハーブやスパイスを利かせたビール漬けに。

 

味噌漬けや醤油漬けの割合も増やします。

 

琥珀エビスを使ったビール漬けを提供するのは、おそらく日本でも我々・・1軒だけと自負しています。

< 煮物 里芋オランダ煮 蟹餡かけ、柚子 >

 

揚げてからしっとりと炊くのがオランダ煮ですが、薄口醤油でしっとりと含ませた里芋を揚げて餡を掛ける方が断然美味しい。

 

命名には少しアバウトですが、キッチリと仕込みを済ませ、中心まで煮汁を含んだ里芋の味わいは安心の一品です。

 

錦野菜を加えた、蟹のほぐし身の銀餡で優雅な味わいの祖俗な素材をお楽しみ下さい。

< 揚物 鮭アーモンド揚 >

 

アーモンドは極薄のスライスにしたものを鮭の拍子切りにまぶして油で揚げます。

 

きゅっとレモンを搾り、塩でお召し上がり下さい。

 

こちらもシンプルな仕立て方ですが、皮煎餅なども添えて完成度の高い一品となってます。

 

季節の味わいをお楽しみ下さい。

< 食事 蒸鶏・落花生うどん >

 

揚物のアーモンドと被るようですが、うどんはピーナッツで和えた蒸鶏のうどんです。

 

召し上がって頂ければ分かりますが、味わい的には全くの別物。

 

晩秋のお食事らしく、濃厚な旨味を感じるうどんを仕立てました。

 

熱々のうどんでコースの締めを。

< 甘味 マロンアイス・有の実コンポート >

 

甘味は前回のメニューを引き継ぎ、有の実・・・つまり梨のワインコンポートを添えた栗のアイスです。

 

好評だったので、前回のまま・・敢えてご用意しました。

 

組み合わせの妙も、お楽しみ下さい。

 

ご予約は

 → 0120-68-6677