伊勢海老とロブスター

国産の伊勢海老に、そっくりなロブスターって言うのがあります。

 

ロブスターとひと口で言っても、産地によって全然、顔つきから味わいまで差があります。

 

そして伊勢海老に近いのが、オーストラリアのロブスターです。

 

土佐料理の修行時代は、皿鉢料理の中心に伊勢海老の煮物が来るため、嫌・と言うほど、このオーストのロブを扱っていました。

 

他の産地ではニュージーランドやアフリカがありますが、オーストに比べたら外人に見えます (笑

 

また、ニュージー産のは、若干ミルキーな匂い、まぁ、悪く言うと

乳臭い匂いがありまして、、ちょっと気になる時がありますね。

 

画像は国産伊勢海老

 

 

 どの海老でもそうですが、活きている状態で刺身にすると、氷水で締めたりしますから、そんなに差は感じません。 

 

海老の甘味や食感は、活きてさえいれば、けっこうどの海老でも美味しく感じます。 

 

でも、差があるのは出汁にした時です。 

 

刺身でお出しした後、殻が戻ってきて味噌仕立て、、味噌汁です。 

 

仕立てる時には、やはり国産の伊勢海老が1番、美味しく感じます。 

 

多分に先入観もあるのかもしれませんんが、日本料理は水の料理、と言う部分で、やはり日本の素材は、出汁にしてこそ優れているのかな、なんて、思うときもありました。

 

画像はニュージーランド産ロブスター 

 

 

そんなロブスターですが、最近は価格が高騰して、なかなか手が

出しづらい素材と言えます。 

 

それは、やはり中国の市場進出が大きな原因です。 

 

金にモノを言わせて、買い叩いていく。 

 

たぶん、日本も昔は同じような事をしていたんでしょうが、厳しい

状況です。 

 

またロブスターはその見た目の色によって価値が違います。

 

レッドと言われる、濃い色目の物が高価でして、ブラウンなどが続きます。

 

 

 

オーストラリア産ロブスターの具足煮

 

ピンクって言うのは色目の薄いものですが、安い価格で推移していました。 

 

現在はそれでも、なかなか、安くならないのが現状です。 

 

国産の伊勢海老にしろ、ロブにしろ、ガンガン刺身に造って、半割にして煮物に仕上げて、なんて言う経験が出来た事は、若い頃の励みにもなりましたが、暮れのロブのシーズンになると、上がりかけたロブが10数ケースとかって言う単位で、入荷することもあって、そんな時は、もう見るのも嫌、夢に見てうなされる様な事もありました。 

 

今になって思えば、貴重な経験でした。