鍋の豆腐のお話

さて、鍋にお豆腐と言えば定番ですが、多くの方は最初の方でお豆腐を入れてしまい、しっかりと煮えたころにふぅふぅしながら食べる。

 

そんな事が定番かと思いますが、実は、この食べ方は、あまり賢い食べ方とは言えません。

 

豆腐の旨味と言うのは、ある温度を超えた時点で、感じなくなる様な気がします。

 

気がします・・って、ずいぶんアバウトな言い方なんですが、出来たての豆腐を食べて美味しいと感じる時も、沸騰している様な温度では豆腐は作らないんですね。

 

高くても70度とか80度位が限界です。

 

 

 

へたするともっと低い温度で寄せる豆腐職人さんもいると聞きます。 

 

と言う事で、豆腐を作る生い立ちを考えれば、固まった豆腐だからと

言って、沸騰した出汁の中でぐつぐつ煮てしまっては豆腐の味わいは台無しになってしまうんです。

 

 

 

では理想的な豆腐の食べ方はと言うと、各人、自分の食べる豆腐を

鍋に入れたら、中がほんのり温かい位に煮て、丁度よいタイミングに

なった所で引き上げて、周囲の熱い部分だけ冷ましたら、口に入れる。 

 

ほんのりと温かい位が、豆腐の旨味を最大限に引き出してくれます。 

 

ほんのりと温かい・・・これが何度ぐらいかと言うと、武内も感覚値でし

かありませんが、やや熱いお風呂位、高めのお燗位がベストなのでは・・

という所です。 

 

間違っても、豆腐を鍋に投入して、忘れた頃に熱々の豆腐を取り皿に

とって冷まして食べる、なんて事をしますと豆腐の美味しさの微塵も

味わえないって事です。 

 

ぜひぜひ!鍋の時にお豆腐を入れるんんのは、食べる人がお好みで、

中がほんのりと温かい、そんな煮方を目指して頂きたいと思います。