シラスのお話

「海鮮丼」の記事の時も、シラスは必ず欲しい素材と書かせて頂きました。

 

カルシウムを多く含む、健康的な食材ですからね、つねに食事の時には摂るように心がけてきましたが、何日か食べない時があると、無性に欲しくなる、武内の中では、そんな惣菜に感じています。

 

本店のランチタイムには「三色シラス丼」なんて言うメニューを提供していますが、その三色には、釜揚げシラス、シラス干し、そして、ちりめんの山椒煮を使っています。

 

ちりめん山椒煮も、本来なら「ちりめんジャコ」、シラスとは似て非なるものを使うのですが、シラスで炊くほうが柔らかく美味しいのでは、と言う感覚でシラスにて仕込んでいます。

 

釜揚げとは茹でて、そのまま茹でたものをザルに揚げて、水気を切っただけのものですね。

 

シラス干しは、その釜揚げを天日で干して、更に水分を蒸発させて味わいを凝縮させながら、保存性を高めたものです。

 

 

 

とは言え、シラス干し程度の干し加減では、保存性といっても正直、そんなに大差はないです。 

 

冷蔵庫でせいぜい、2~3日、それ以上置いておくと、風味に変化が出てきますから、早く使い切る事が大事です。 

 

もし、万が一、冷蔵庫にしまっておいて、使い忘れて若干、嫌な風味が出てきた、なんて時はフライパンに胡麻油を引いて水分をすっかり蒸発させるぐらいに煎りつけたら、嫌な風味が飛んで、ふりかけ・として再生できます。 

 

もちろん、我々のような店でも、そんな事は無きにしもあらずで、賄には、そう言う素材で仕立てられた惣菜が並ぶ事もあります。 

 

武内がシラスを食べる時に、1番美味しく感じるのは、何と言っても卵掛けご飯にシラス干しです。 

 

卵には薄めに醤油を垂らして、シラスにも1~2滴、醤油を垂らす。 

 

細かい演出もします (笑

 

 

 

あぁ、ぐっと、庶民的な話題ですが、好きなものは好き、これは仕方ありません。 

 

でも、シラスを大根おろしと共に肴にする時には、酢橘が必須です。

 

酢橘のシャープな酸味と上品な香りは、シラスの旨味を上手に引き立ててきくれます。 

 

坐唯杏では、常に釜揚げシラス、シラス干し、山椒煮の三種類は置いてます。 

 

ぐっとベタにシラス卸しが食べたい・なんて時にはスタッフに仰ってくださいね。 

 

釜揚げも美味しいですし、シラス干しも料理の合間には、良い

合いの手になりますからね。

 

 

本日はシラスのお話でした。 

 

武内の食生活の一部、シラスの楽しみ方をご紹介しましたが、

普段は、こういう食事が主です。 

 

なるべく刺身や、魚の料理は食べない事にしています、その方が

食べる時には、より美味しく食べられるから。

 

どうしても、食べる機会が多いですからね。