鶏肉の野菜巻

鶏のモモ肉で青葱やアスパラ、ニラを巻いた焼き物です。

 

熱々の時に食べても良いですが、冷ましてからお弁当の一品などにもよく使われる手法です。

 

本日は少し、本格的に幽庵漬けに仕立ててから、そのまま幽庵地で煎りつけるレシピをお伝えしましょう。

 

鶏肉はまず、皮目に穴を開けます。

 

フォークで刺しても良いですし、金串や竹串を使っても良いです。

 

ぶすぶすと穴を開けてから、皮目を下にして置いて、厚い所を観音開きにして厚みを一定にします。

 

そして幽庵地に漬け込みます。

 

 

一般的には、酒:味醂:濃口醤油が1:1:1の割合です。

 

開いて薄くしてあるので、漬け込む時間は少なくて大丈夫。

 

10分も味を乗せれば、それで下味としては十分です。

 

漬け込んだ鶏肉の水気を押さえて、やはり皮目を下にして片栗粉を叩いたら、鶏肉の長さに揃えた野菜を巻きます。

 

青葱・・・万能葱をを例にとると白い所と青い所を上手に組み合わせる様に切り付けて、鶏肉で巻きます。

 

巻き終わりは、楊枝で留めて下準備は完成です。

 

鶏肉に小麦粉を叩いて、少々多目の油で焼き付けます。

 

 

この時に葱に火が通ってしまうと、歯応えが悪くなりますから感覚としては半分よりやや強めに火を通す程度が理想です。 

 

頃合を見て油を全て油缶に戻し、余分な油もキッチンペーパーで拭き取って、先に鶏肉を漬けた幽庵地を注ぎます。

 

量を見計らって、鶏肉の表面に絡む程度の幽庵地を加えたら、楊枝を抜き取り転がす様にして、煮詰めながら表面に味を絡めていきましょう。 

 

全体に火が通る瞬間に、幽庵地が煮詰まってちょうど良い味わいになるのが理想です。

 

 

子供さんのお弁当に入れる時などは、この時に少々砂糖を足してもいませんが、甘味が入れば入るほど、味は濃くなり野暮ったい味わいになる事も頭の片隅には入れておいて下さい。 

 

幽庵地が煮詰まり、火が通った瞬間にまな板に引き上げ、切り口が見える様に食べよい大きさに切り付けます。

 

熱々の焼きたての鶏肉を切るのは至難の業かもしれませんが、この一瞬が1番のポイントです。

 

焼きたての熱々と言うのが、1番の調味料かもしれません。

 

またお弁当に入れるのであれば、この時に無理をして切らずに冷まして切ったほうが綺麗に楽に切れますから、参考までに。

 

大人のお惣菜、酒の肴という事であれば、最後に山椒を振り掛けるの

を強くオススメします。

 

鶏肉の旨味を吸った葱との食感のコントラスト。

 

お互いに味を高めあう相性の良さを感じて頂けると思います。 

 

またニラを使うのであれば、万能葱と同じ感覚で焼けますがアスパラな

どは茹でて使うほうが無難です。

 

鶏肉の野菜巻き。

 

幽庵地で仕上げる大人の味わい、ぜひお試し下さい。