麻婆蒟蒻のレシピ

先日、坐唯杏・本店のランチでは、しっかりとお腹に溜まる、とっておきのメニューをお出ししました。

 

「とっておき」と言っておいて、麻婆蒟蒻では拍子抜けかも知れませんが、武内はこのメニュー、とても好きです。

 

豚肉とスープの旨味、豆板醤、山椒の辛味、蒟蒻の食感、ひょっとすると本家の麻婆豆腐よりも、好みかもしれません。

 

まぁ、しかも蒟蒻なので繊維質が腸内の掃除をしてくれて、カロリーも比較的低め、弾力があるので、しっかり噛まなくてはいけないから、咀嚼によって満腹感も得られると言う良い事づくめの理想的なランチなのではと、考えていますがどうでしょう。

 

作り方は、多少、豆腐の時よりも下ごしらえに手間が掛かりますが、それでも、とても気軽に作れる一品だと思います。

 

蒟蒻は、まず揉みます (笑

 

蒟蒻って、そのまま使う時と、揉んで使う時があるのをご存知ですか?

 

揉むと食感に変化があって、そうですねぇ、柔らかいけど腰があるって言う感じでしょうか。

 

まぁ、ぜひ、お試し頂きたい小技です。

 

 

 

揉んだ蒟蒻を包丁の背を使ってちぎります。 

 

これは何でちぎってもOK、グラスの縁や、手でちぎるのもアリですが

薄く広く、一切れの切り身を作りたかったので、割合細工の利く包丁の背が良いかと思います。 

 

ちぎったら、茹でこぼして石灰臭を抜き、油で表面をしっかり炒めて

表面の水分を飛ばします。 

 

焼けて縮れて、さらに味が乗りやすくなったところへ、余分な油を切ったら醤油を注ぎます。 

 

以前も書きましたが、蒟蒻の下味は醤油で煎り付けると良いです。 

 

え?醤油だけだとしょっぱくならないのかな、なんて言う疑問も起きる

かもしれませんが、全く問題ありませんよ。 

 

醤油で煎り付けたら、これで下ごしらえは完成。 

 

あとは普通の麻婆豆腐と同じ様に作るだけです。

 

豆板醤と香味野菜を炒めて、挽肉を炒めて、軽く塩・胡椒、そして

スープを注ぎ、僅かな砂糖と醤油で味を調えたら、蒟蒻を加えて

味を乗せます。 

 

沸かしすぎると、挽肉がカスカスになりますから、さっと炊くのが

良いですよ。 

 

そして味を決めたら、水溶き片栗でとろみをかけて、胡麻油と酒

少々を加えて、しっかりと火を入れます。 

 

ちょっと鍋底が焦げるぐらいに、火を入れてください。 

 

それで、盛り付けるときに葱と花椒を振れば完成です。 

 

これを炊き立ての白いご飯にかければ、坐唯杏のとっておき

ランチメニュー、麻婆蒟蒻丼が出来上がりですが、いかがでしょう。 

 

ちょっと美味そうでしょ。 

 

 

ご家庭で試す機会でもあれば、ぜひぜひ、作って見て下さい。 

 

 

けっこう嵌りますから (笑