地方市場の可能性

市場は漁船がつけられる港の岸壁にあります。

 

岸壁に舟が着くと、ウィンチで魚の網を移動して大きな篭に魚をあけていきます。

 

網で獲れた魚ですから、その内容は多種多彩。

 

色々な種類の魚が混獲されていて、しかもサイズも多種多様。

 

水揚された魚は、すぐさま魚種やサイズで仕分けされまして、セリ場へと運ばれます。

 

その魚を近くに行って確認すると、武内でさえ、初めて見る魚種・サイズの魚をたくさん発見しました。

 

例えば、真アジなどは一般的に出回っているのは、大きなものでも5~600gの物しか滅多に見る事が出来ませんが、中には1kgを越すサイズもありまして、大きなものだと2kg近いとか。

 

須崎の鮮魚商・丸貴水産さんでは、この鯵の試食用もご用意して下さっていて、1kgオーバーの鯵は初めて見る事が出来ました。

 

その素晴らしい味わいを経験出来たのは貴重な体験です。

 

ただし、この鯵はキログラム当たりの単価も桁が違うお値段です。

 

ですが、その希少性や、価値から言えば妥当です。

 

 

 

築地市場で慣れていた武内としては、規模の小さな市場では物足りない感覚もあるかとも予想していました。

 

決してさにあらず。

 

小さな市場では小さいなりに、希少な魚を見つけられて、しかも場合によっては破格の値段で仕入れる事が出来たりします。

 

多くの人に知られてはいないけど、美味しい魚、価値のある素材は

沢山ある。

 

実感として、強く感じてきました。

 

修行時代、土佐の海で獲れる「黒いダイヤ」と言われる魚がありました。

 

実は鯵や鯖ほどのサイズのクロマグロです。

 

新米の時季に獲れるところから「シンマイ」とか「シンマエ」と呼ばれるのですが、このクロマグロの幼魚を皮付きの刺身にすると、実に美味です。

 

おそらくは、古の時代の初ガツオの感覚に匹敵する季節の素材。

 

小さな小さなマグロが、1本で何千円もしたりする。

 

でも、その何千円の魚が売れてしまいます。

 

 

その地方にしかない感覚と価値観ではありますが、土地の人が

そうまでして食べる魚ですから、それだけの価値は必ずあります。

 

今の時季からマルソウダの幼魚、メジカの新子が出回るとの事。

 

シンマイほどではありませんが、この魚も季節の味わいとして

非常に価値があるものです。

 

現地に足を延ばして情報を掴み、そして地方市場の鮮魚商との

取引の中で、価値のある物を正当な価格で仕入れる。

 

これからの地方市場の活路は、そういう形になるのかもしれません。

 

と同時に、我々の仕入れ形態も築地一辺倒になるよりも、これだけ

交通手段や流通が発達した現代では、地方市場との直接の取引にも多くの可能性があると思います。

 

樂旬堂・坐唯杏では、少し見識を新たにして、もっと地方市場との

取引の量を増やし、少しでも良いものを正当な価格で提供していく事にも力を入れて行こうと思います。