肉天・葱バカうどん

古くからの樂旬堂・坐唯杏の顧客の皆様は、充分にご存知の事と思いますが、かつて人気を博した定番のランチメニューです。

 

下味をつけた豚肉をさっくりと揚げて、縦の目に繊切にした長葱と、小口切にした小葱を、バカみたいに載せる。

 

ただただ、肉と葱と言う組み合わせを楽しむだけのうどんです。

 

唯一の誤算は、ご注文が入り過ぎて葱を打つのが間に合わず、厨房の若い者が葱をケチり始めた事。

 

葱バカの名に相応しいうどんをお出しできなければメニューに置く意味がありません。

 

今では、ごくまれに日替わりランチで提供中です。