海老ワンタンうどん

包丁の腹で潰しながら叩いては、粗く繊維を刻み塩を当てて粘りを出したら、青葱の小口切と胡麻油を合わせる。

 

皮は市販の物を使いましたが、場合によっては自家製する事も。

 

モチモチした食感の中から現れるプリプリの海老・海老・また海老。

 

さほど高価な素材でもない、小海老が絶妙の食感で迫ってくる。

 

ランチメニューの醍醐味は、こういう一品にあるのかもしれません。