アインシュタインが残した14の教え

「アインシュタインが残した14の教え」

 

1. シンプルであること

「もし6歳の子に説明できないのであれば、それは自分でも理解できていないということである。」

 

 

2. 創造性

「創造性は伝染する。周囲に移してしまおう。」

 

 

3. 不可能に立ち向かう

「バカを試みる者だけが、不可能を可能にできる。」

 

 

 

4. 挑戦と失敗

「失敗を避ける唯一の方法は、新しいアイデアを持たないことである。

挑戦をやめるまでは、失敗ではない。」

 

 

5. 意見を持つ

「偏見のある社会環境で、冷静な意見を述べられる人は限られている。それどころか、意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ。」

 

 

6. 「当たり前」を否定する

「これまでの私の発見は、合理的な思考から得られたものではない。」

 

 

7. 想像力を働かせる

「想像とは、研究の最高形態で、知識よりも重要である。

なぜなら想像力には世界を取り巻く力があるが、知識には限界があるからだ。」

 

 

8. 人を大切にする

「私たちは他人のために存在している。なぜなら、私たちが幸せなのは、

周囲の人が笑顔で幸せにいてくれるからである。人生とは、誰か他の人のために

生きられない限り、価値のないものとなる。」

 

 

9. 共有する

「生徒とは、教師が知識を流し込む容器ではなく、火を付けてあげるべき

「たいまつ」なのである。」

 

 

10. 学びを受け入れる

「学びは経験である。それ以外は情報でしかない。」

 

 

11. 正しいことをする

「常に正しいことをしよう。何人かは喜び、何人かは驚くであろう。」

 

 

12. 好奇心を捨てない

「重要なのは、疑問を持ち続けること。知的好奇心は、それ自体に

存在意義があるものだ。」

 

 

13. 自分を受け入れる

「弱点は、いずれキャラクターになる。」

 

 

14. 今を生きる

「私は未来のことは考えない。考えなくても未来はやってくるからね。」

 

_________以上

 

 

出自がハッキリしていないので、実は本当にアインシュタインが

残した言葉かどうかも、本当の所・・分かっていません。

 

そんな所から、半信半疑で・・ひとつひとつ読んでいくと、

ハッとさせられました。

 

至極真っ当な事の羅列ではありますが、当たり前の事や正しいと

思われる事を、やり続けていく。

 

当たり前の事を常に思考の根本において、行動を選択できているかと言うと凡人には難しい部分があるのかもしれません。

 

ですが、こんな文章を常に傍らに置いて、目に触れるようにして

置く事も、潜在意識に摺りこむ手法としては良い事かも。

 

武内が特に気に入った文章は9番目。

 

 

 

9. 共有する

「生徒とは、教師が知識を流し込む容器ではなく、火を付けてあげるべき

「たいまつ」なのである。」

 

 

生徒とありますが、これはスタッフでも家族でも全ての人に

言える事です。

 

知識や技術を伝える事も、大切な事ではありますが、それよりも

まずは感情のスイッチを、いかに入れるか。

 

情熱の炎を、いかに燃え上がらせるかが人と付き合うと言う事。

 

あらためて、身に染みた言葉でした。