ロマネスコのバター蒸し

 

 

 

 

 

 

 

ロマネスコと言う野菜を、ご存知でしょうか。

 

 

カリフラワーとかブロッコリーの仲間で、こんな野菜です。

 

↓↓↓↓↓

 

坐唯杏の人気メニューに「新ジャガのバター蒸し」って言う一品が

ありますが、新ジャガを鶏のスープを加えた鰹出汁でじっくりと

煮含めて、バターを加えて熱々に温めると言うレシピで仕上げて

います。

 

 

シンプルな手法ですが、なかなか奥の深い、滋味の溢れる味わいです。

 

 

ジャガイモとバターって言う組み合わせが良い一品なのですが

ブロッコリーやカリフラワーと言うのも、けっこう良い組み合わせとなります。

 

 

 と言う事で、ロマネスコ。

 

 

 

イタリアでは、本当に人気の高い野菜のひとつです。 

 

味わいは濃い目で、歯応えも良く、クセになる素材だと思います。

  

 そのロマネスコ、バター蒸しでメニューに載せました。

 

 実は久しぶりに氷川台のJA直売所で仕入れてきました。

  

鮮度も抜群で、硬い蕾の感じが堪らなく恋しく感じてしまったんです。

 

 

柔らかく・・と言っても茹で過ぎだけは禁物ですが、茹でて出汁に

含ませたロマネスコとブロッコリーを器に盛付け、バターを落として

熱々に温めます。

 

 

すみません、ただ、それだけのレシピです。

 

 ごくごく、シンプルに仕上げた一品です。

 

 と言う事で、素材の紹介がしたかったのですが、

このレシピ。 

 

ぜひ、頭に入れておいて下さい。 

 

茹でて下味をつけた野菜を出汁と共に、バターを加えて温める。

  

色々なシーンで応用できると思います。