ハーブ鰊の炙り焼

ハーブ鰊の炙り焼・・・、すみません、ひよったネーミングで

分かりづらいのですが、料理の原型は「鰊漬」です。

 

鰊漬は会津の郷土料理で、何年か前から坐唯杏でも取り組んでいる一品でして、春のこの季節には必ずメニューに入れる一品です。

 

さて、その仕立て方ですが、身欠鰊を米の研ぎ汁に漬けて戻します。

 

 

常温でも大丈夫ですが、顔を出していると匂いが出る可能性も

あるので、しっかり沈めておきます。

 

半乾燥のソフト身欠鰊を使うときは時間も短く済みますが

上乾のカチカチの身欠鰊の時なんかは、2~3日漬ける様に

しないと、上手く戻りません。

 

長めに漬ける時は研ぎ汁を変えながら、じっくりと戻します。

 

 

 

しかも冷蔵庫では、なかなか戻らないので常温で、研ぎ汁を

変えながら、と言う事になります。 

 

さて、しっかり戻りましたら、鱗を掃除して、頭と尻尾を揃えます。

 

 

腹の骨もスキとって、丁寧にするなら骨も抜きますが、そこまで

する人はなかなか居ないですね。

 

 さて、漬け汁です。

  

大体の分量だと、酒:醤油:酢が1:1:1です。

 

 そこに、好みの量だけ砂糖を入れて、火にかけ砂糖が煮とける

位に沸かしてから冷ましておきます。

 

 さぁ、いよいよ漬け込みです。

 

 会津の方では、専用の鰊鉢でしたか・・・。

 

 そんな容器もあるようですが、タッパで構いません、とは言え

後から重石を掛けたりしますから、丈夫な物を使用します。

 

 タッパに鰊・木の芽・鰊・木の芽と重ねていきまして、最後に

木の芽で覆います。

 

 そこに、先ほどの漬け汁を注ぎ重石をして3日ほど漬けたら

完成です。

 

 

そのまま、食べる人もいる様ですが、炙ったり、天ぷらにしたり

するのが酒の肴には絶品です。