酒器のお話

酒器と言うと、まずは・・その雰囲気に大きく左右されます。

 

たしかに、酒器の持つ、それぞれの雰囲気、塗りの杯、土物の

重厚な焼物、瀬戸の薄手の瀟洒な猪口や、錫の猪口など、

そのシーンや、手に持った時の景色、手触りや重みで、

 

酒の味わいも大きく左右されます。

 

人間は舌で味わうよりも先に、脳が色々な情報を解析・判断

しますから、それは当然の事です。

 

とは言え、舌と言う大変、高性能のセンサーを最大限に生かす、

機能的な特徴を理解していると、酒器を選ぶ際に役立ちます。

 

 

舌のどの部分で、どんな味わいを感じるかが大きく影響しますが、

基本的には、良い酒ほど舌全体で味わう事が、より美味しく

味わう方法です。

 

その為には、切り立ち・・と呼ばれる細い円筒形の形よりも、

上面が大きく広がった杯の方が口の中に入った酒が舌の上に

広がり、より味わいを感じやすいと言われています。

 

とは言え、利き猪口と呼ばれる利き酒専用のお猪口は、やや広めの

円筒形です。

 

白地の中に、藍色の蛇の目模様がある、お猪口です。

 

見かける事も多いと思いますが、あの形状は実は口の中に

直線的に入って来るので、全体のバランスを同時に味わうと

言うよりは、

 

 

 

直線的に入ってきた酒を、舌の部分・部分に飲み手が振り分け、

味わい別に精査する飲み方が出来るための設計となっています。

 

しかも上面が大きく広がっていない事で、猪口の中に香りが

籠りますから、香りの判別もしやすく、

 

 

白地の中に蛇の目の、あの模様が酒の色合い、濃度を判別

しやすいと言う配慮です。

 

 

利き猪口には、利き猪口に必要な機能が満載されていますが、

我々飲み手が、純粋に酒を楽しむなら、実はあの形状ではなく

舌の上に、一気に広がり全体のバランスを瞬時に堪能できる

形状が優れているとも言えます。

 

 

最近は、ワイングラスで日本酒と言う選択も増えています。

 

 

確かに香りは籠りますし、計算されたグラスの曲線が絶妙に

舌の上に酒を広げてくれ、同じ酒でもひと味違った味わいに

感じさせてくれる時もあります。

 

杯、猪口、ぐい飲み、ワイングラス・・・などなど、その機能を知り

その時の料理や、酒に合わせて選択をすると、いつものお酒が

より楽しい味わいに感じます。

 

酒器による味わいの変化。

 

少し技ありの、お酒の楽しみ方です。