人材と成長

スタッフの募集をしていて思う事。

 

それは会社のステージで、集まる人間が変わると言う事です。

 

樂旬堂・坐唯杏も十数年、募集し続けてきました。

 

途中、本当にスタッフに恵まれた時期もあれば、苦しい時期も

ありつつの営業を重ねてきましたが、

 

「禍福はあざなえる縄・・・」では、ありませんが苦しい時期の

後には、必ず恵まれた時期が来る。

 

そして、その度に店も組織も成長してきたのを実感します。

 

 

良い人材に恵まれ、店としても勢いのある時期に成長する、

殆どの人は、そうお考えになると思いますが、成長と言うのは

起こるべくして起こる、苦難を乗り越える必要があって成長せざるを

得ない時に起こる。

 

 

つまり苦しい時の過ごし方で、全てが決まる・・と言うのが、武内の

出した結論です。

 

 

そして、その時の過ごし方次第で集まる人間が変わります。

 

 

 

どんなに募集しても、スキルの低い、モチベーションの低い人間しか

集まらない時期もあれば、自然と引き寄せられてレベルの高い

人材が集まってくるタイミングもあります。

 

 

そのタイミングを引き寄せるのが、いかに高い理念で堅実に

しかも、情熱を込めて仕事をする会社か、否かです。

 

 

そういう意味では、樂旬堂・坐唯杏の設立の時から、もっと高い

理念を掲げて、会社としての充実を目指していたら現在の課題は

多くの部分で解消されていたかもしれません。

 

その場の立ち位置に合わせて、ヤドカリが徐々に大きな殻へ

成長していくように、と考えていたのは甘かった。

 

そんな反省があります。

 

 

ヤドカリが殻を変える時は、一瞬とても無防備な状態にさらされます。

 

とは言え、成長の一瞬とは、そう言う物かもしれません。