鰤(ブリ)のカマ焼

「鰤のカマ焼」と言う一品があります。



何年か前、夜の早い時間・・・


ご注文が入りまして、鰤のカマ焼をひとつ、焼き上げました。



焼き上げた直後、悲劇が起こりまして、落下した挙句、木っ端

微塵、大破です。



もちろん、すぐさま2個目を焼き上げまして、事なきを得たんですが

落下したカマ焼、まな板に落ちてくれた事もあり、これは賄いになりました。



いやぁ~~、旨かったです。

 

 

脂を豊富に含んだ天然物の鰤。

 

しかもカマの部分ですから、間違いなく1番、味わいが良い部分です。

 

 

皮がパリッと焼けてて、その下の身がふっくらと上品に焼き上がる。

 

 

大破した破片まで含めて、すこぶる旨いものを味見させて

貰いました。

 

 

落とした人間に感謝・・・は、しませんが (笑

 

 

こんな極上の素材を使わせて貰ってる事には深く感謝です。

 

 

鰤と言うと、その時季によって相場が全然違います。

 

 

タイミングによっては、なかなか良い値が付いてるんですが、

冬の時季、焼物と言えば、この魚をおいて他にはありません。

 

 

しかも、カマの部分は脂も豊富なら、骨に近い身と言うことで

身の力が半端じゃない。

 

 

火が通ってからも弾力のある食感は、心地よい噛み応えで

じゅわっと広がる味わいと脂の旨味に、ひたすら圧倒されます。

 

 

この部分、骨に沿って包丁を入れて、胴体から外すと

丁度、農具の鎌の様な形に切り取る事が出来まして、

 

 

これが「カマ」と言う名の由来です。

 

 

一品売りをするのが前提の時は、身が豊富に骨側に付くように

切り落とすので、鎌の形にはなりません。

 

 

それだけ食べる所を多く取ると言う事です。

 

 

しかも鰤と言う魚なら骨からの身離れも良いし、何と言っても

骨付きの身の部分で、これだけ食べやすい部分はカマの他には

ありません。

 

 

と言うことで、鰤のカマ焼についてお伝えしました。

 

 

近頃は養殖物も多く出回っていまして、小さなハマチのカマでも

鰤のカマとメニューに書いて売ってる所も多く、用心が必要かも

しれませんが、天然物の鰤のカマ焼、

 

 

メニューに見かけたら、注文必至です。

 

1本の鰤から2個しか取れないカマですから、これも縁です。

 

 

大根おろし・たっぷりにチリ酢で食べるのは抜群の味わいです。