こだわり撲滅・純米大吟醸

昨夜、毎晩のようにいらして下さっていた常連のお客さんがいらして、しめ鯖、お酒を堪能していかれました。


昨年、一昨年ごろの武内の思考では、大吟醸クラスの高価なお酒は

ある程度、お酒に精通された方がハレの日に楽しむもの・・・



そんな認識があったんですが、昨夜のお客様をお相手する頃から認識が

一変しました。



確かに、坐唯杏で扱うお酒なら普通の純米酒をお楽しみになっても、充分にいや、充分過ぎるほどに旨味を感じていただけますし、それなり以上の感動を味わって頂けるものと信じています。



・・・が、

 

 

やはり、純米大吟醸クラスのお酒を口にして頂くと、その反応は確実に違うものと

なりました。

 

武内も過去において、なくなった甲州屋さんと取引していた頃。

 

栄光富士と言う銘柄の秘蔵酒、しかもおりがらみと言う限定酒を飲んで以来、

日本酒に対する認識が一変した記憶があります。

 

 

これほどまでに美しく、旨味に溢れ、感動的な味わいを醸し出すニッポンの

文化に、改めて惚れ込む機会になりました。

 

 

以来、ラインナップの中では、必ず決め!の大吟醸を扱ってきました。

 

 ただ心配だったのは、お酒を普段あまり飲まれない方が、この味わいに感動して

頂けるかと言う事だったんです。

 

 

でも、前出の常連さんたちに接して、それは杞憂だった事に気付かされました。

 

 

本当に旨味溢れる、美しい純米酒でも、やはり磨きの良い米を使った純米大吟醸と呑み比べたら、あからさまに違いを認識して頂けて、その良さが伝わるものなのです。

 

 

美しいバランスの中に秘められた清楚な、そして豊富な旨味が、上品に広がる純米大吟醸。

 

 

一昔前は、年に数回しか口にする事がなかったクラスの酒ですが、最近はスタッフとどこかに呑みに行っても、気軽に注文する様になりました。

 

 

最初の一杯、極上の珍味が出てきたとき、改めて乾杯したいとき。

 

 

シチュエーションは様々ですが、蔵元がその蔵の酒の中で特に情熱を注ぎ、丹精を込めた酒、それが大吟醸です。

 

 

そんな酒で、何かを祝いたいし、これだ!と言う一品を味わいたいし、

杯を高く持ち上げ、絆を深めたいと言う事です。

 

 

と言う事で、認識を変えて下さった常連さん。

 

深く、感謝してます。

 

 

何かを思い込んでいても、ガラっと変わる時に、

 

確実に新しい世界が広がります。

 

 

いま、武内を取り巻く世界、、、にも感謝です。