子孫繁栄警報

植物と言うのは、傍らにあって、とっても人を癒してくれる存在であります。


これは植物に限らず、犬や猫・・ペットもそうでしょう。


生き物で癒される事、


そして生き物の成長を見つめる事で、自分もエネルギーを貰い、


生き物の成長を助ける事で、自分も成長する。



それが、当たり前です。


でも、その最終到達点は、やはり・・・

 

人間は太古の昔から、繰り返してきたサイクル、つまり自分の子供を育てる事で種を保存してきたし、文化を発展させ、歴史を築いてきました。

 

 

昨日、ちょろっと書きましたが男は本気で女を口説かねばいけないし、女も口説かれるべき女性にならなくてはいけません。

 

 

その先には、やはり結婚、出産があり。

 

 

供を育てる事で、ようやく人間が大人へとなれると思います。

 

 

女性が社会に進出すると、結婚・出産が遅くなります。

 

 

日本の歴史の中でも、女性が社会の中心になり危機感を覚えた男たちが

男性社会を作り上げたなんて言う時代もあったとか。

 

 まぁ、話半分ですが、今の社会も深く憂うべき状況です。

 

 絶対に、絶対に、、

 

 人として生命を授かり、この世に生まれてきたからには自分の子孫を世に残す。

 

 生命を受けた義務でもあると感じます。

 

 

 こんな事を書くと、欲しくても出来ないご夫婦もいて、傷つける・・・みたいな事を

言われる方もいます。

 

  

でも世の中には、子供を授からなかったご夫婦が、何らかの事情で孤児になった

赤ちゃんを引き取って育てている方たちもいらっしゃいます。

 

 それでこそ、人間の本分を全うする素晴らしい行為だと思います。

 

ざっくりと表面だけをなぞれる話題ではありませんが、樂旬堂・坐唯杏は、、、


武内は強く、強く、結婚・出産・子育て・・と言う人間のサイクルを推奨いたします。


ぜひぜひ! 


パートナーのいる生活の喜び、子供を育てる幸福を少しでも早い段階で

多くの方に味わって頂きたい!


・・・と、願っております。