生肉の暴力

日本料理研究会の会報を読みながら、勉強していました。

 

非常に疑問の残る献立が掲載されていまして、その献立を紹介するにあたってのレベルの低さ、意識の薄さに落胆しました。

 

雉子(キジ)の刺身、画像で見る限り生に近い砂肝や、笹身を生で使用する献立です。

 

<画像は雉肉ではありません>

 

雉子(キジ)を刺身に使うこと自体、大きな問題ではないかもしれません。

 

雉子の養殖場で、菌の管理も、寄生虫の管理もしっかりと出来てさえいれば、安全なのかもしれません。

 

その素材が、どれほどの安全管理を施して、どれほどの成果を挙げているか。

 

それは、料理主体の文面からは、見て取れませんでした。

 

ですが、職人として第一に気になる所と言えば、その一品が旨いか、不味いかと言う事以前に、

 

 安全か、危険か・・なのは言うまでもありません。

 

 

そういう献立を紹介するにあたっては、その安全管理から説明しなくては、決してプロの読むレベルには適わないと言う事です。

 

 

 

某大手新聞社が、豚のレバー刺身が禁止になった時に、記事に

しました。

 

多くの人が楽しんでいた料理を、国の施策の一環で禁止するのは

横暴であり、民意に反した行為。

 

 アホです。

 

死と隣り合わせの一品に対して、大手メディアが発信する事とは、

俄かに信じられない暴挙でした。

 

今では、その過去記事も削除されていますから、その大手メディアも

事の重大さに気づいたものと、勝手に想像していますが、

 

 

獣肉の生食、鶏も含めて非常に危険です!

 

 

カンピロバクター、病原性大腸菌、E型肝炎ウィルス、寄生虫・・

 

 

一生の難病に冒される可能性、数日で死に至る可能性が

ある事を、キッチリ理解しておかなくてはいけません。

 

 

その上で「自己責任」なんて言う言葉を使うようなら、自殺行為として

個人に於いて、勝手に喫食する事は我々にも、どうしようもない事です。

 

 

でも飲食店は、決してそこに加担してはいけませんし、しません!

 

 

鶏の生食などは、地方によっては本当に恒常的に、子供の頃から

食べてきた…なんて言う人もいます。

 

 

馬の刺身にしても、同様ですが・・恒常的に食べてきた人間は

ある程度、菌に対する耐性が出来ている事が多いのです。

 

 

これを普段、全く食べていない人間が旅行などで口にして、あっさり

中毒に陥るなんて言う事は珍しくありません。

 

 

新鮮、信用の出来る店、きちんとした管理、見た目の美しさ、などなど

全く、獣肉の生食に於ける中毒とは関係ありません。

 

 

最後に言える事、それは何回もお伝えしていますが、自分の<命>は

自分で守る。

 

 

確かな知識を持ち、しっかりした信念でご自分の食べる物をお選びください。

 

 

無責任な様ですが、飲食店の立場から、お伝えしたいのはこの一点です。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    板3 (金曜日, 06 1月 2017 10:49)

    ナイスなご意見です❗️
    これからも期待します(^ ^)