白子入り・出汁巻玉子

 白子と玉子は出会い物です。


二つの食材が、相乗効果で旨味を増す、味わいを高めるのを、

「出会い物」と言う言葉で言い表します。



古くからの白子料理の一品に、「白子蒸」と言う茶碗蒸しの出汁を

白子と共に蒸し固めた一品があります。



柔らかい玉子の食感から現れる、クリーミーな白子の食感。



熱々に蒸して、卵の旨味と白子の旨味が融合し、さらなる進化を

遂げます。



やや濃いめのべっとりとした濃口醤油の餡を掛けて、召し上がって

頂くのが、ベストな選択。

 

 

柚子を利かせたり、山椒を振ったりもしますが、素直に浅葱の刻んだ

ものを置いただけでも充分に良い味わいを堪能できます。

 

その延長に考えたのが白子の出汁巻玉子です。

 

 

おそらくは、武内が考えて仕立てる前にも、多くの料理人が完成させた一品だと思います。

 

 今まで、勉強した中には白子を使った出汁巻玉子は出てきませんでしたが、ありふれた組み合わせで、

 

 

しかも合口の良い素材と、仕立て方の組み合わせだけに多くの

料理人が思い至るメニューでしょう。

 

 

とは言え、どこでもお出ししている品ではないだけに、召し上がった

方たちは、大変喜んで頂けます。

 

 

出汁を包み込み、玉子焼きの鍋の中でふんわりと固まった玉子の

中から、顔を出す白子の旨味、食感。

 

 

醤油で味をつけた大根おろし、染卸しを添えて焼き立ての熱々を

召し上がって頂きます。

 

 

出汁巻玉子みたいな一品も、我々ぐらいの規模の店なら焼置きを

してご注文が入ったらすぐに出せる様に準備する店も多いです。

 

 

とは言え、こういう一品は焼き立てに勝る美味はありません。

 

 

ご注文を受けてから、多少のお時間を頂戴しても焼き立てを

お出しする気概。

 

 

当たり前のこととは言え、持ち続けたいと言う決意です。