大きな決意でやり抜く事とは

一発で、営業状態を好転させる、逆転満塁ホームラン、



今まで散々、考え抜いてきましたが未だ、思いおよびません。



その考える中で、考え付いた小さな・小さな事を、ひたすら地道に

続ける事。



それこそが、盛況への近道と言う事が、理解できてきました。



とは言え、若い経営者で、その細かな事さえも思い及ばない、

分かりきっている事だけに、そこを考え抜けない・・・と言う方が

多いように感じます。



ですが、多くの飲食店が10年以内には9割以上、消えてしまう事実を

考えたら、相当・・・



頭を使って、身体を使って、神経をすり減らして・・・

経営に当たらないと、9割側に回ってしまいます。



営業する時に必要な思考・・・営業脳と、


経営に必要な思考、経営脳は全く違います。




そんな細かい事を、気にしないでもっと大きな戦略や、大きな方針と

スタッフに対するおおらかな気持ちを持てばいい。



そんな批判も、昔は多かった。



でも、今ではその神経こそ、経営者の資質と確信してます。



飲食店のスタッフから、経営者になり、そして上手く乗り切って

行く者には、必ず他人には分からない繊細な感覚があります。



それが言動に、上手に表現できた時にチームが、店が・・・


上手く回り始めます。



おそらくは、スタッフの時に感じる印象と、経営者になってからの

その人の印象は、ガラッと変わります。



とは言え、そこが成長でもあります。



本日のお題、「営業を支える物」は、些細で他人には理解できない

物ですが、



その細かい事をやり抜く意思。



覚悟とか、決意と言う物だと思います。



途中で挫折する事もあります。



方向転換を迫られる事もあります・・・が、



大きな決意と覚悟を持って、小さなことをやり抜いて下さい。



必ず、その先に道が開けますから。