天ぷらトロロうどん<温・冷>  ¥850

 揚げたての天ぷらと、トロロの組み合わせ。



斬新でも奇抜でもなく、オーソドックスに熱々・冷やしの両方を楽しめるメニューとして、メニューに加えました。



海老、蒲鉾、野菜二種の天ぷらを揚げたてで、添えます。



トロロはもちろん、街の蕎麦屋やうどん屋で見かけられる長芋のトロロではなくて、濃厚な旨味、食感を楽しめる大和芋のトロロを使用。



長芋のトロロを使う所が多いのは、単純に安いからです。 

 

トロロであれば、何を使っても変わりはない。

 

 

原価を抑えて、メニューを作る・・と言う裏の本音がこの食材です。

 

 やはり旨いのは大和芋。

 

それ以上ならツクネ芋や自然薯がありますが、そこまで行くとランチの

許容範囲を超えます。

 

 

この辺の言い訳がましいのが、我々としても無念ではありますが、

毎日の昼食に相応しく、そして最高に旨い食材と言うバランスを

考えると、坐唯杏では大和芋と言う選択になる。

 

 

そして、トロロの溶け込んだトロミの付いた出汁に良く合うのが

平打ちの太麺、坐唯杏が提供しているうどんです。

 

 

四川担々うどん用に、この麺にしましたが、四川担々うどんだけでは

勿体ない。

 

 

他にも絶妙の相性を感じるうどんとして、基本に戻った結果、

最高に良い相性を感じたのが、この天ぷらトロロと言う仕立て方です。

 

従来からあった、月見トロロうどんを天ぷらから滲み出る味わいが

凌駕しました。

 

 

試食では圧倒的な大差で、この天ぷらトロロうどんに軍配が上がってます。

 

 

とは言え、カロリーを考えたら月見トロロうどんもメニューには残しつつ、

新しくメニューに加えたと言う経緯です。

 

 

熱々のうどん出汁とトロロに感じる癒しの味わいか。

 

 

それとも冷やしの出汁が絡む、軽い食感の天ぷらと共に味わう快感の一杯か。

 

 

その日の気分、天候や、体調でお選びください。

 

ニッポンの滋養食。

 

トロロうどんで伝統の食文化への回帰を!