夏の別誂・特別会席 <¥3980→¥1990>

 お1人様・¥3980のコース料理をお2人で¥3980と言う企画、つまりp一人様・・¥1990で全10品の会席フルコースがお召し上がり頂けます。

 

このコースが非常に好評を頂戴しております。

 

毎月、多くの坐唯杏ファンの方がたにお楽しみ頂いてます。

 

こちらの献立ですが、夏の坐唯杏を思い切りお楽しみ頂ける様、夏の素材を集約しておりまして・・

 

まずは一気に献立をご紹介しましょう。

 

 

 

・先付 日替わり小鉢

 ・前菜 鱧落とし

 ・椀替 順才吸酢

 ・向付 鰹土佐たたき

 ・焼肴 鮎塩焼

 ・預鉢 香物盛合せ

 ・煮物 新牛蒡、イナダ

 ・揚物 子持槍烏賊天ぷら

 ・食事 冷やしトロロうどん

 ・甘味 ライチシャーベット

 

季節の小鉢は貝類の旨煮や酒蒸しが、よく登場します。 

 

そして前菜は、『鱧』。 

 

この時季には欠かせない季節の味わいです。 

 

まずは梅肉醤油で楽しむ、鱧の落とし。 

 

ご賞味下さい。

 

椀替わりには順才の吸酢。 

 

三杯酢に鰹を利かせた土佐酢を薄めに仕立てまして、呑めるほどの

酢の中に順才を浮かべます。 

 

卸し生姜を少し落として、爽やかな生姜酢で舌をすっきりとさせて会席料理の本番に突入です。

 

 向付(むこうづけ)は鰹のたたき。 

 

もちろん土佐流の本格・鰹たたきをご賞味頂きましょう。 

 

そして、このコースのメイン料理。 

 

鮎の塩焼きです。 

 

爽やかな辛味が身上の「蓼酢(たです)」で召し上がる鮎はこの時季には、なくてはならない素材であり、一品かと。 

 

預け鉢として、自家製の漬物の盛り込み。 

 

夏野菜を中心に、茄子、胡瓜に加えてトマトやゴーヤなども登場致します。

 

 

 そして、イナダと新牛蒡の煮物。 

 

寒のブリが北陸の味わいなら、夏のイナダは江戸前の味わい。 

 

濃厚な味わいのブリに比べたら、清々しさも感じるイナダ。 

 

夏の一品としては、程よい旨味が大地の恵み、新牛蒡と絶妙の相性を奏でます。 

 

そして子持ち槍烏賊(やりいか)の天ぷらで収束に向かいます。 

 

たっぷりと卵を抱えた小ぶりなイカを丸ごと天ぷらに揚げて、食べやすい大きさにカット。 

 

日本料理は食べやすさが優しさです。

 

 

 

食事は冷たいうどんにトロロを載せて。 

 

山芋の消化酵素が働いて、おなかの具合もすっきりと、調えてくれる事でしょう。 

 

ライチのシャーベットは程よい酸味が会席の幕引きを締め括る良いアクセントとなりますよ。 

 

と言う事で、こんな会席料理を楽しみながらの夏の酒。

 

抜群に楽しいです! 

 

 

 

 気の合う仲間でのひと時に、ざっくばらんなお仕事のお話に・・。

ぜひぜひ、お気軽にご活用ください。