鰹茶漬け

マグロ茶漬けや鯛茶漬け、お刺身用の切り身を胡麻の醤油にくぐらせて熱々のご飯の上に乗せ、淹れたての番茶・・これも熱々の番茶を注ぐと切り身が一瞬で真っ白になり、その旨味が滲み出て、

 

抜群の味わいのお茶漬けが楽しめます。 

 

中には、蓋をして蒸らす店があったり、色々な薬味を添えたり、逆に

シンプルに海苔と山葵だけ、なんて言う店があったりと・・・ 

 

各店の個性が出て、その仕立て方にも、その店の姿勢が反映されたりします。

 

そういう一品にあって、坐唯杏の鰹茶漬けは二種類の鰹の身を使います。 

 

一種類目は、普通の鰹の切り身。 

 

刺身用の鰹を薄く削ぎ切りにして胡麻醤油をくぐらせて、ご飯に乗せます。 

 

もう1種類は、中骨の身です。 

 

包丁で叩いて、ミンチ状にして醤油に漬け込んでおきます。 

 

切り身だけのお茶漬けの場合は、味わい的に切り身にまとった胡麻醤油だけでは足りないので、くぐらせた胡麻醤油を加えて味わいを調整する事も多いのですが、 

 

坐唯杏の場合は、この叩いた身で味わいを調整するのです。 

 

鰹を叩いた身と醤油を同じ割合で漬け込みます。 

 

そのまま食べるには強すぎて食べられない位の、醤油の量です。 

 

ところが、この強い味がお茶を注ぐと和らいで絶妙な調和を見せます。 

 

しかも叩いて細かくした身ですから、味わいの浸出も豊富で旨味も乗る。 

 

一石何鳥もあるわけです。 

 

実はこの叩いた身の醤油漬けは、修行時代の常備菜でした。 

 

鰹やマグロ、白身の魚でも、身をこそぎ取っては醤油漬けにしておいて、

賄の最後には、お茶漬けを啜る。 

 

この常備菜を切らすと親方の機嫌が悪くなるほどでしたから、若衆時代には

きっちりと仕込んだ物です。 

 

という事で、二種類の身で仕立てる鰹茶漬け。 

 

お酒の宴の最後の締めには、ぜひぜひ!! 

 

ご活用ください。