温奴・冷奴

温奴・冷奴

 

東長崎の、割烹・坐唯杏時代には色々な遊びが出来ました。

 

その中の一つ、三味会と言うイベントがありました。

 

那須の蕎麦店「胡桃亭」の村上さん、神奈川県の豆腐屋の名店「宮城屋」さんの千葉社長をお招きして、坐唯杏の料理と共に豆腐と蕎麦を味わって頂くイベントです。

 

「遊び」と書きましたが、実は大緊張のイベントでして、

 

村上さんの蕎麦は、超粗挽きの粉を使った、間違いなく一級品の蕎麦で、千葉社長、自ら仕上げて下さる寄せ豆腐は抜群の味わい!

 

 

品共に、爆発的・感動の一品でしたから、坐唯杏の料理で付いて行くには、相応の工夫や度胸 (笑 

 

いや、今・・考えれば背伸びが必要でした。 

 

その時に、千葉社長に教えて頂いた寄せ豆腐の仕立て方は武内の大きな・大きな財産です。 

 

とは言え、毎日・毎日、あのクォリティでご注文が入ってから寄せ豆腐を造るのは至難の業。 

 

と言う事で、宮城屋さんの豆腐を、ここ十数年・・・使わせて頂いてます。 

 

「食材に惚れる」 

 

一言で言えば、この一語に尽きるのですが、宮城屋さんの豆腐は初めて食べた時は、感動を超えて衝撃でした。 

 

豆腐の味わいも突き詰めていくと、ここまで進化できるのかと。 

 

豆腐を寄せやすい大豆と、豆腐にして旨い大豆は違う。

 

消泡剤を使わないのならば、出来た豆腐を水に晒す必要は無し・・など。

 

千葉社長に教えて頂いた、豆腐の知識は今でも頭の中に焼き付いてます。 

 

夏場の冷やした豆腐。 

 

寒い頃に、あったかい湯豆腐。

 

本当に旨い豆腐なら、こんな一品が凄いご馳走なんですね。

 

ただ一つ、千葉社長がせっかく水に晒さずに仕上げた豆腐を湯に

漬けてしまうのは勿体ない。 

 

そんな発想から、坐唯杏なりの一品をメニューに載せてます。

 

それが温奴(おんやっこ)です。

 

蒸し器で軽く温めた豆腐を、醤油でも良いのですが・・ 

 

ここは敢えて、塩で召し上がって頂いてます。

 

その方がストレートに豆腐の旨味を実感できます。

 

そして、冷たい時には分からなかった豆の味わい、深い豆腐の味わいも

湯に漬けずに温める事で、前面に現れてきました。

 

決して、目新しい斬新な一品ではありませんが、この手法。

 

かなり、使えます。

 

ご家庭で仕立てるなら、レンジでチンでも全然、OK!!

 

ぜひ、お試しを!