タタミイワシ・チーズ焼

樂旬堂・坐唯杏のメニューで人気のジャンル・・・というと、なんだか

大げさですが、実は¥300メニューが、やはり絶大な支持を得ています。


最初の一品、繋ぎの一品、〆の前に、〆た後のちょっとつまみに、


色々なシーンで、サイドメニューであったり、酒の友にと楽しんで頂いておりますが、その中でも特に人気の高い一品が、


「タタミイワシのチーズ焼」です。


何のことは無い、タタミイワシを炙ってスライスチーズを乗せて軽く焼き目をつけた・・だけの品ですが、これが程よい旨味と塩分の調和でして、お好きな方に至っては、お代わり・お代わり・・となってしまうほどです。



我々の若い頃と言えば、タタミイワシやエイヒレなどを炙って辛子醤油や醤油とマヨネーズに七味を振ってと、酒の肴にしましたし、高級な割烹店でもメニューの片隅に載ってたものです。

 

 

そういう意味では、坐唯杏の¥300メニューは使い勝手の良い品が並んでいまして、お客様も良くご存知で、上手に活用されています。

 

 

でもタタミイワシのチーズ焼きに至っては、そんな感じでご注文を頂くよりも最初から、この一品狙いという感じでのご注文も頂く特別な一品かもしれません。

 

 

とは言え、タタミイワシも今や高級品に近い存在となりつつあります。

 

 

もう、どこの魚屋でもスーパーでも売っているという品ではなくなってしまい、シラスを原料にした食品自体も高騰を続けておりまして、

 

 


なかなか気軽に召し上がる事のできない珍味と言う認識に変わりつつあります。

 

 

樂旬堂・坐唯杏でも、できるだけ、こう言うメニューを気軽に楽しんで頂き

平凡な非凡とでも言いますか、日常の中の非日常感をメニューに盛り込んで

いきたいと考えています。

 

 

武内の感覚では生シラスなんかよりも、こっちの方が何倍も旨いという

嗜好なんですが、いかがな物でしょう。

 

 

本日は軽い話題「タタミイワシのチーズ焼」をご紹介しました。

 

 

機会があれば、ぜひ坐唯杏で、ご自宅でお試しください。