シーザーサラダ

武内はサラダがあまり好きではない・・と、以前からお伝えしていますが、サラダを味わうポイントとして大切なのが、


「包丁のキレ」です。


これは漬物やサラダ、果物にも・・・そして大きな意味では

刺身にも共通する概念です。


食材と言う物は、金っ気の刃を入れれば入れるほど味わいが

落ちると言う考え方。


刺身に関しては疑問も残りますが、胡瓜の漬物や葉物のサラダ、

果物のリンゴやナシ、モモ等・・・包丁を入れずに丸のまま、


かぶりつくのが、最も美味だと言う認識が料理人の中にもあります。



胡瓜や茄子の1本漬けを、握り飯と共に食べてきた世代の武内と

しては、野菜の心地良い食感を味わいと共に楽しんできた

歴史があります。

 

 

ですが、話は全く矛盾して、刃を入れるなら最高のキレを以てスパッと切れている野菜、美しく角が立ち、等間隔で、しかも切ると同時に自然な照らし、盛り付けの角度が付いていて、

 

 

一目見て、職人の仕事…と感じ入る様な切り方をした野菜は

やはり味わいも最高です。

 

 

サラダや漬物、そしてもちろん刺身などは特に、包丁のキレを

味わう料理と言って良いと思います。

 

 

生野菜を食べる時の基準、ご自宅で栄養面を考えての献立と

言う事なら、その彩りや食感のバランスだけでも良いかもしれません。

 

 

でも、外食で、しかも職人と言われる者が包丁を持つ店で食べるなら

そのキレも充分に商品と言う事です。

 

 

ただ生野菜を切って盛り付ける・・だけに留まらず、そこにもうワンランク

上の価値観を吹き込む事。

 

 

これこそが、料理人の仕事だと思います。