鰆の信州蒸し

 信州蒸しと言うと、魚の切り身や開いた背節や腹節に蕎麦を包み

蒸して、餡や出汁を掛けた一品です。



ですが、この一品には長年、疑問を感じていました。


仕込む段階で蕎麦を茹でて置いておく。


それでは、本来の蕎麦の味わいは楽しめません。


茹でたての蕎麦を使い、信州蒸しが出来ないかと考えたのが

この一品です。



鰆の切り身を、薄塩を当ててしばらく置いて、まず蒸してしまいます。


同時に蕎麦を硬めに茹でて、卵白でさっくりと合わせて強火で30秒、

鰆の上に載せて蒸します。


鰆の方も火が通っていますから、30秒は卵白を固める時間です。


そして、蕎麦つゆ程度の出汁を張り、青味と卵黄を添えてみました。


月見蕎麦蒸し・・・です。


鰆と蕎麦のハーモニー、実に優雅な気分になれる一品が出来上がりました。