里芋の直炊き

料理の名前は、「里芋の直炊き(さといものじかだき)」

 

そう、里芋を下茹でしないで、そのまま炊き上げる手法なんですが、

ご存知の通り、里芋の大きな栄養分としてあの「ぬめり」があります。

 

それを余す所無く、無駄にしないで料理に仕上げようと言う手法です。

 

里芋はやはり皮を剥いたら、塩でしっかりぬめりを取ります。

 

水で洗ってしっかり取り除いて下さい。

 

 

ぬめりを無駄にしない・・とは言え、最初のぬめりは取り除いておかないと、味が染みません。

 

そして、大きな鍋にたっぷりの水と酒を加え、昆布を入れて茹でる様な感覚で火を入れていきます。 

 

竹串で刺してみてストンと串が入るようになったら、砂糖を加えます。 

 

柔らかく仕上げたかったら砂糖のみ、周囲を煮崩さないで仕上げたかったら、味醂をたっぷりと使うようにしますが、この時季の里芋はねっとり感が身上、

 

柔らかくいきましょう。 

 

そして煮汁が、少なくなって里芋が顔を出すぐらいになったら醤油を加えます。 

 

煮転がしの時は、鍋を回して周囲に煮汁が絡むようにしましたが、こちらの

煮物は鍋を振ってはいけませんね。 

 

芋を動かさないようにして、煮崩れない様、静かに大切に煮ます。 

 

キッチンペーパーなんかを使って、煮汁が上まで回るように落し蓋みたいに

使うと良いですよ。 

 

そし煮汁が殆ど無くなってきたら、最後に味を調えて完成です。 

 

やや煮汁を多めに仕上げておいて、冷ましてから、食べる時に温めて

仕上げる、なんて言うのも高等技術ですが、やってみると案外簡単かも

しれません。 

 

直炊きは大きな里芋で作ると良いですね。 

 

ぜひ!こんな煮物も楽しんでお作りになって下さい。