食材の価値

高級食材と呼ばれるものがあります。

 

 

なぜ高級かと言えば、当然のことながら原価が高くてなかなか、手が出ない食材だから・とか希少なもので手に入りづらいから・などの理由があると思います。

 

ですが、それは人間社会の市場原理に基づいた考えです。

 

たくさん出回る、鯵や鯖だって、希少な魚だったら価値は違って

きます。

 

 

 

天然のトラフグは獲れる数も少なく、市場にもそんなに出回らないから高くなるのであって、東京湾にも、うようよ居る様な魚だったら、毎日の食卓を飾る、惣菜魚と認識されていたかもしれません。 

 

でも、鰯や鯵、鯖でも1本の魚には一つの命があって、それを人間は

頂いている訳です。 

 

命の上での価値で言えば、とらふぐも鰯も同じなんですよね。 

 

 

食べることの意味、それは、もちろん生命を維持する事にありますが、他の生き物の命を貰って、自分たちは生きている事を前提に置きつつ、食材の価値と言うものを、我々は考えなくてはいけない時期に来ています。 

 

市場原理だけに捉われていると、食材本来の価値を見失います。 

 

千葉で揚がったトラフグが、トラック便で下関に運ばれて、価格が3倍に

なって東京に帰って来る・なんて事も起きます。 

 

それを食べた人たちは、やっぱり下関のトラフグは美味しい、って事に

なるのかもしれませんが、何かが狂っています。 

 

現在、坐唯杏ではトロカジキの丼や御膳を提供しています。

 

決して価値の低い食材ではなく、じんわりと旨い、自然の力の漲る、

パワー溢れる食材だと思っています。 

 

これが、生命の価値で言えば他の魚、例えば本マグロやサーモンとは

比較できないし、

 

その物・本来の価値のみを真摯に見つめる気持ち無くしては、食材の

真実の価値を判断する事は出来ません。 

 

色々と理屈っぽいことを書いてしまいましたが、自分の知らない食材が

出てきたら、目を閉じて舌の上だけで味わい、感じてみる。 

 

我々、料理人は、色々な情報に惑わされない訓練を受けて来ましたから、

味わいだけで判断する事に長けていますが、一般の方は味わいよりも

情報を8~9割、食べているとも言われてます。

 

 

本日は食材の価値と言う話題でしたが、真実の価値を知るには経験値を

上げる事が確かに必要です。

 

そして、他の情報をシャットして自分の感応だけで判断する技術を磨いて

いく事が大事です。