「今すぐ」・・・に続く言葉

最近、武内が最も意識している言葉が、「今すぐ」です。

 

自分のする仕事で、今すぐやる事は何だろう? 

 

今すぐ、するべき事・・

 

しなくてはいけない事・・

 

そして、した方が良い仕事・・・と、考えますが、「今すぐ」と言う言葉の後に続く、行動を考える習慣をつけると、その後の行動が変わります。

 

 

 

 

そして、他のスタッフに指示を出す時も、今すぐする事を指示した方が、その後の行動が変わります。

 

これはお客様に何かをお伝えする時でも同じです。 

 

今すぐ・・の後に続く言葉を考えて、やんわりとお伝えする事でただ漠然と柔らかい言い方をするよりも遥かに具体性が出てきます。

 

 

武内の場合、厨房に居る時は、長年の経験で次には何をして、スタッフの誰かが手が空いたら、次の指示を出して、

 

先にするべき事、早めに取り掛からなくてはいけない事、優先順位を考える習慣が出来ています。

 

 ところが、慣れないホール仕事の時は、この言葉が魔法の様に効いてきます。

 

 

「今すぐ」のあとに続く言葉で指示を出したり、お伝えしたりすると、

そのあとの優先順位の理解が格段に深まります。

 

 

例えば、急ぐ仕事なら、そのままを伝えれば良いし、たとえ急がない

仕事だったとしても、今すぐやる事は○○だけど、何時までに○○を

終わらせて・・・なんて言う具体的な時間が出てくる場合が多くなります。

 

「今すぐ」に続く言葉で、最初の一歩を踏み出す習慣をつける。

 

ぜひ、お試し頂きたい習慣の一つです。