ネガティブ思考

 

昨夜も気持ち良く、盛況な営業が出来ました。

 

スタッフとお客様との呼吸に、一体感を感じます。

 

上手くいく時は、本当に良い空気が充満するのを感じますね。

 

 

逆に、何かの歯車が狂う時には、ほんの些細なことから、色々な狂いに波及します。

 

やがては大きなトラブルや、アクシデントに・・なんて事になる事もしばしば。

 

小さな時にいかに想像力を働かせて、芽を摘み取るか。

 

 

チームのリーダーには、本当に大切なスキルです。

 

さて、初っ端からネガティブな書き出しなんですが、

案外、ネガティブ思考の効果もバカになりません。

 

今日は、そんなお話を。

 

ネガティブ思考には、何のメリットも無い。

 

なんて言うのが、以前の武内でしたがチームがあって

スタッフが何人か集まれば、必ずポジティブな人間に対して

ネガティブな思考を持つ人間が現れます。

 

光があれば影がある。

 

作用と反作用。

 

人間の持つパワーには、必ずバランス感覚が生まれるんですね。

 

こんなゲームがあります。

 

台詞は数字だけ、1~100までの数字を幾つでも言って良い。

 

だけど、数字に感情を込めて何人かで100まで言っていくんですね。

 

すると、一気に数字を進める人間がいれば、必ず僅かしか言わない

人間が出てくる。

 

強い感情で数字を言う人間がいれば、控えめに弱々しく数字を

進める人間が出てくる・・と言う物です。

 

何人かの人間が集まれば、必ずバランスを取ろうとする力が

人間の中には、備わっていると言う事です。

 

これが、チーム作りの前提条件に捉えられるか、それとも

ポジティブな人間がリーダーとなり、イケイケでチームを

引っ張るかでは、全く結果が変わってくるんですね。

 

まぁ、ネガティブな思考を尊重して、理解し、同調する必要は

ないと思います。

 

ですが、この原理原則は必ずあると言う前提で、チーム全体が

どこに進んでいくかを目標として設定しないと途中でチームが

崩壊するんですね。

 

はは、これは経験したから実感している事です。

 

だからネガティブになった人間を切り捨てても、必ず後続の

マイナス思考が生まれてくるんです。

 

元々が心底、能天気な武内なんで、、実は最初は全くマイナスに

動く感情が理解できなかったんですが、今までに何人もの

人間を見てきて、その動く瞬間が見えてきました。

 

その対策も万全・・・では、ありませんが(笑

 

何となく、おぼろげながらに見えてきました。

 

50歳を超えて、ようやく・・なんですが、

こう言う事まで考え始めると、さらに人生が楽しいです。

 

と言う事で、バランスを保つと言う原理原則を、上手に利用する。

 

そんな思考が、正解だと思います。

 

人それぞれ、やり方は千差万別、無限に方法は有ると思います。

 

それでも、良い結果は方向性としては限られてきます。

 

強く進む力と、ブレーキになる力をバランスを取りながらも

前へ、前へと進める事。

 

それがリーダーの仕事かな、、と言う所です。