里芋の磯辺和え

最近は中華系の賄いも多いので、しっかりした旨味を感じつつ、脂、甘味、動物系の豊富な味わいが集約した一品を食べる機会が多いです。

 

でも、日本人の好みって、なかなか天の邪鬼の所があってあまりにも完成された味わいだと、不完全なものが欲しくなる。

 

削ぎ落された引き算の味わいが欲しくなるんですね。

 

塩結びや、茶漬け、大根おろしと醤油だけのうどんやら衣かつぎ。

 

余分な物を一切、使わずに素材に最低限の味わいを加え食べ手の想像力や、経験に裏打ちされた味わい方の肉づけによる賞味、素材と最低限の味付けが共鳴する一品。

 

 

 

造り手と食べ手の共同作業が求められる一品が恋しくなります。 

 

今日はそんな一品を紹介しましょう。 

 

「里芋の山葵醤油和え」です。 

 

ずいぶん手抜きの料理を紹介するな・・なんて言う感想もありそうですが、里芋の料理を究極まで削ぎ落せば、衣かつぎの様に蒸して、粗塩で食べる。

 

なんて言うのが、最もシンプルな食べ方です。

 

今日の一品も、料理人がきっちりと体裁を整えて、本気で綺麗な一品を造るとすれば、けっこう難易度の高い一品なんです。

 

ミョウバンを使ってアク止めした里芋を、塩でぬめりを落とし

茹でて、さらにぬめりの出た茹で湯を昆布出汁に取り換え、

真っ白に茹で揚げた里芋を、器に盛り付ける。

 

芋の白さと山葵醤油の対比を考え、器の脇から山葵醤油を流しこみ、

天盛りには、炙りたてのもみ海苔を上品に留める。

 

なんて言う仕事をします。

 

でも、これは料理屋用のかしこまった仕事であって、この一品の

本来の味わいとは、ある意味離れた味わいとなるんですね。

 

里芋の皮を剥いたら、塩でぬめりを落とす所までは一緒。

 

あとはじっくりと茹でて竹串を刺してもストンと入る様になったら、

そのままザルに揚げて。

 

山葵醤油でざっくりと和えたら、天にもみ海苔を留める。

 

シンプル イズ ベスト。

 

そして、シンプルな中にこそ料理の本質があります。

 

茹でたての里芋は、そのまま塩で食べても充分に美味しさを

感じる素材ですから、山葵、醤油、海苔の必殺の組み合わせで

調製すれば、不味い筈がありません。

 

と言う事で、この一品の応用で辛子醤油や生姜醤油で和えて、

粗摺りの胡麻や、砕いたナッツ類。

 

塩とオリーブオイル。

 

濃い目に出汁で溶いた味噌に七味や一味。

 

煎り酒、酒盗餡、土佐醤油や柚子醤油。

 

トウチ・・などなど。

 

シンプルな味わい方は無限に浮かぶ事でしょう。

 

最近の外食は「コク」を追い求めるあまり、素材本来の

味わいを上から塗りたくって、厚化粧の料理に仕立てる事も

少なくない。

 

敢えて、今日は、こんな一品を紹介しました。

 

 

里芋の山葵醤油和え 

 

ずいぶん手抜きの料理を紹介するな・・なんて言う感想もありそうですが、里芋の料理を究極まで削ぎ落せば、衣かつぎの様に蒸して、粗塩で食べる。

 

なんて言うのが、最もシンプルな食べ方です。

 

今日の一品も、料理人がきっちりと体裁を整えて、本気で綺麗な一品を造るとすれば、けっこう難易度の高い一品なんです。

 

ミョウバンを使ってアク止めした里芋を、塩でぬめりを落とし茹でて、さらにぬめりの出た茹で湯を昆布出汁に取り換え、真っ白に茹で揚げた里芋を、器に盛り付ける。

 

 

 

芋の白さと山葵醤油の対比を考え、器の脇から山葵醤油を流しこみ、天盛りには、炙りたてのもみ海苔を上品に留める。 

 

なんて言う仕事をします。 

 

でも、これは料理屋用のかしこまった仕事であって、この一品の本来の味わいとは、ある意味離れた味わいとなるんですね。 

 

里芋の皮を剥いたら、塩でぬめりを落とす所までは一緒。 

 

あとはじっくりと茹でて竹串を刺してもストンと入る様になったら、そのままザルに揚げて。 

 

山葵醤油でざっくりと和えたら、天にもみ海苔を留める。 

 

こんな感じで充分です。 

 

茹でたての里芋は、そのまま塩で食べても充分に美味しさを

感じる素材ですから、山葵、醤油、海苔の必殺の組み合わせで

調製すれば、不味い筈がありませんよね。 

 

と言う事で、この一品の応用で辛子醤油や生姜醤油で和えて、

粗摺りの胡麻や、砕いたナッツ類。 

 

塩とオリーブオイルにパルメザン。 

 

濃く溶いた味噌に七味や一味。 

 

煎り酒、酒盗餡、土佐醤油や柚子醤油。

 

トウチ・・などなど。 

 

シンプルな味わい方は無限に浮かぶ事でしょう。 

 

最近の外食は「コク」を追い求めるあまり、素材本来の

味わいを上から塗りたくって、厚化粧の料理に仕立てる事も

少なくないです。 

 

敢えて、今日は、こんな一品を紹介しました。 

 

自戒も入ってますが。