筍の木の芽焼は、それはもう、大人の一品です。



筍料理と言うと、煮物か木の芽和えしか思い浮かばない人も

多いことでしょう。



でも、坐唯杏ではもう10数年に渡って、この木の芽焼を提供して

います。



厳密には、もう一品、「若筍蒸し」も地道に続けていますが、

出数で言えば、圧倒的に、この木の芽焼に軍配があがります。



また、シンプルな味付けなので、食べ飽きせず、しかも季節の

香り・和のハーブとも言うべき木の芽、山椒の若芽の香りが

抜群に感性を刺激すると言うわけです。



まず、茹でた筍を硬いところを掃除して、姫皮も茶色くなってる所は

除き、ひと口大に切り分けます。



その筍を天火で炙り、表面の水分を飛ばしたら酒と醤油の割り醤油で

掛け焼にします。



照り焼きのときは、1回目は色づけ、2回目は味付け、3回目に照りを

乗せる、なんて言いますが、この木の芽焼の時は、照りなんか関係

ありません。



だいたい、照焼と言うのはアミノ酸と糖分が反応して起きる現象ですから

糖分のほぼ入らない。割り醤油では難しいのです。



その分、とにかくシンプルに味を乗せながら、綺麗な焦げ目を付けて

行く事だけを考えます。



そして焼き上がりに、叩いた木の芽をまぶしたら完成です。



春の季節、筍の木の芽焼は、「超」がつく人気商品です。



是非、季節には1度は召し上がって頂きたい一品です。